下肢静脈瘤とは

患者様の声はこちらから

 
  • 下肢静脈瘤とは
  • 下肢静脈瘤とは
  • 下肢静脈瘤の種類
  • 下肢静脈瘤の治療法
  • 下肢静脈瘤の症例写真
下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤って何?

下肢静脈瘤とは下肢の表面の静脈が太くなりこぶのように膨らみ浮き出して見える病気で、はじめは膝下の静脈から目立つようになります。
血管が浮き出てうねって見えるようなら下肢静脈瘤が疑われます。
初めのうちは見た目が変わって見えるだけですが次第に脚がだるい、つる、むくむ、疲れやすいなどの症状がありますが 次第に皮膚がかゆいとか黒ずんでくるといった症状が現れます。
もっとひどくなると皮膚がただれて潰瘍を形成し治りにくい状態になります。
美容的な悩みの原因にもなります。

 

どのような人がなりやすい?

女性の方(加齢とともに発生頻度は増加)
立ち仕事に従事している方
妊娠、出産経験のある方
血縁に静脈瘤のある方
「下肢静脈瘤」になっている人は、軽い人も含めると1,000万人以上といわれています。
特にこの病気は女性に多く、患者様のうち8割が女性、2割が男性と言われ、成人女性の5人に1人が下肢静脈瘤になっているという計算になります。
下肢静脈瘤は、女性の足に起こりやすい病気なのです。

静脈瘤を放置すると・・・

高度な色素沈着潰瘍湿疹出血

下肢静脈瘤の種類
■伏在型静脈瘤

レーザー手術あるいはストリッピング手術、
高周波カテーテル治療(ラジオ波)が適しています。

■側枝静脈瘤

結紮術あるいは硬化療法が適しています。

■網目状静脈瘤

希望されれば硬化療法を行います。

■クモの巣状静脈瘤

希望されれば硬化療法を行います。

下肢静脈瘤の治療法
■YAGレーザー(体の外から当てるレーザーです。くもの状静脈瘤に有効です。)
 
■レーザー手術(静脈を焼く手術です。)

レーザー手術(静脈を焼く手術です。)

■高周波カテーテル治療(ラジオ波)

高周波カテーテル治療(ラジオ波)

■ストリッピング手術(静脈を抜く手術です。)

ストリッピング手術(静脈を抜く手術です。)

■結紮術(静脈を縛る手術です。)

結紮術(静脈を縛る手術です。)

■硬化療法(静脈を薬で固める方法です。)

硬化療法(静脈を薬で固める方法です。)

症例写真
   
手術前 手術後
手術前 手術後
治療前 治療後
治療前 治療後
治療前 治療後
治療前   治療後